【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの保証金とはどのようなもの?

フランチャイズの保証金は、万が一の事態に備える為のお金であり、状況によっては預けた金額から差し引かれるケースもあります。

賃貸物件の敷金に似ている一面があり、当事者間同士で金額を自由に決めることができ契約終了のタイミングで返金されます。

 

万が一の事態に備えて契約する時にお金を預ける

賃貸物件の契約をする時には、不動産会社に対して敷金というお金を支払うケースが多く、万が一の物損などに備える目的があります。

賃貸物件に居住し続けていれば、色々なトラブルも生じる可能性がありますが、例えば建物の一部が傷付いてしまう可能性もあります。

もしも建物に傷が付いた時には、不動産業者としては補修する必要がありますから、専門業者に修理費用も支払うことになるわけです。

建物の傷の状況によっては、急ぎで修理せざるを得ないこともますが、その際に修理費用がないと大変困ってしまいます。

ですから賃貸物件の契約をするタイミングで、初期費用として敷金を預けることになるわけですが、たいていは賃料数ヶ月分になります。

ところで冒頭で触れたフランチャイズの契約をする時にも、敷金と役割が似たお金を預けることになるわけですが、敷金ではなく保証金と表現されます。

一旦契約した後には、何らかのトラブルが生じる可能性もあるので、万が一に備えて本部にお金を預けておくわけです。

具体的なトラブルの例ですが、そもそもチェーン店を経営していく場合は、本部に対してロイヤリティなどを支払うことになります。

たいていは歩合制の契約になっていて、売上数字の何割かを本部に支払って、残り分を加盟店側が支払うことになるわけです。

ところが加盟店の経営は必ずしも順調に進むとは限らず、状況によってはロイヤリティの支払いが難しくなってしまうこともあります。

肝心のロイヤリティが支払われないと、本部側としては大変困ってしまいますから、契約する段階でお金を預けておくわけです。

例えば建物の修理費用が10万円必要だとします。

急ぎで修理する必要があるので、最初に契約者から預かった30万円の中から10万円引くわけですが、フランチャイズでも差し引くことがあるわけです。

 

賃貸物件と違って金額は自由に決められる

ところで賃貸物件の敷金は、ある程度金額の目安が決められていて、たいていは賃料の数ヶ月分を預ける形になります。

個人が賃貸物件を借りる時は、賃料2ヶ月分を預けるケースが多いですが、法人が借りる場合は半年分になることが多いです。

ですから例えば毎月の家賃が6万円の物件であれば、個人が契約する時は12万円ぐらい預けることになり、法人は36万円目安になります。

上述のように賃貸物件の敷金は、賃料基準に決定されることが多いですが、フランチャイズ契約には特に明確な基準はありません

加盟店と本部が契約を結ぶ場合は、基本的には話し合いをすることになり、お互いにとって問題ない金額を預ける形になります。

賃貸物件のように相場が決まっているわけではありませんから、当事者同士の話し合いで自由に金額を決められるわけです。

具体的に何円程度預けることになるかは、もちろん契約書類などに明記されていますから、最終契約する前に金額を確認しておく必要があります。

ただし加盟する会社によっては、その預ける金額が少々曖昧になっているケースも稀にありますから注意が必要です。

本来は契約書類に具体的な金額を明記する必要がありますが、たまに数字が曖昧なこともあるので、契約前によく確認する方が無難です。

 

支払うのではなく預けることになる

ところで賃貸の物件を借りる時の敷金は、決して不動産会社に支払うわけではなく、一旦は預けておく形になります。

そもそも数年ぐらい賃貸物件を借りた後には、どこかのタイミングで退去するケースも多いですが、退去時には敷金は戻ってくるわけです。

その際に1つ注意を要するのは、たまに不動産会社との敷金のトラブルが生じていることがありますから返金ルールの確認は大切です。

一部の不動産業者は、本来返すべき敷金を返していないケースがありますから、契約する段階で敷金の返還ルールを確認しておくのが望ましいです。

それでフランチャイズの保証金も、上述の敷金と非常に似ている一面があり、契約終了のタイミングで返金されることになります。

決して本部にお金を支払っているわけではなく、どこかのタイミングで加盟店を辞める時などは敷金のように戻ってきます。

ただ残念ながら、たまに本部に預けたお金が戻ってきていないケースがありますから、契約を結ぶ段階で返金ルールは確認しておくのが望ましいです。

 

結局フランチャイズの保証金とは、万が一の債務不履行などのトラブルに備える為に、本部に預けるお金を指します。

賃貸物件の敷金のように、賃料を基準に決定されるわけではなく、あくまでも当事者間の話し合いで決められる特徴があります。

ところで賃貸物件の契約を結ぶ時には、後々のトラブルを防止する為に、不明点などは全て確認しておく方が無難です。

フランチャイズもそれは同様で、本部との正式な契約を結ぶ前に、預ける具体的な金額や返金ルールなどを慎重に確認しておく方が良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧