【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズと特約店の違いを理解しよう

フランチャイズ特約店は、契約内容が大きく違います。

また、似たような言葉に代理店という存在がありますが、こちらもやはり全く異なる契約内容です。

それぞれビジネスの仕組みが別になりますし、経営者なら契約に関しては詳細な部分まで正しく理解した上で締結する必要があります。

それではどのように違うのかを解説しましょう。

フランチャイズと特約店の違いとは?

フランチャイズは、事業者がほかの事業者にブランドやノウハウを用いて同一のイメージのもとに事業を行う権利を与え対価としてロイヤリティなどを得るという契約です。

権利を与える側がフランチャイザー、与えられる側がフランチャイジーで、フランチャイジーは本部の加盟店という扱いになり、本部へ売上金の一部を納める形態が一般的です。

実際には契約内容はフランチャイザーごとに千差万別で、これと言った決まりがあるわけではありません。

フランチャイザーが、すでに自社で成功したビジネスを丸ごとパッケージ化してそれを売って対価を得る仕組みと言えます。

A社のビジネスパッケージを買ったB社は、A社とまったく同じビジネスをそのまま行うことができるシステムです。

そのビジネスパッケージは売り切りではないので、B社は事業を続ける限りずっとA社に対価を支払い続ける義務が生じます。

また、仕入先や運営方法、サービスにおいて厳格なルールがあり、B社はそれを遵守する義務も課せられますが、その代わりにA社はブランドイメージの向上に努め、集客や宣伝などを取りまとめて行う形が一般的です。

一方で特約店は、メーカーが自社の製品を売る権利第三者の卸売業者などに与える契約です。

メーカーは自社製品の販路を安定的に拡げることができますし、卸売業者としては魅力ある商品を優先的に販売し、利益を得る期待があります。

数量や期間など契約の詳細はケースバイケースですが、基本的には通常の売買契約になります。

メーカー側が卸売業者に独自のルールを課すこともありません

特約と代理店契約とは何が違うのか?

代理店は、商品の販売などをメーカーや本社から委託契約によって請け負う形になります。

自社では生産のみで販売は行っていないメーカーなどは、代理店と契約することで初めて製品を商品として世に出すことができます。

代理店は販売だけでなくアフターサービスなどの顧客フォローまで行うのが一般的で、各社とも独自のサービスで顧客を獲得し、売上を上げる企業努力を行います。

メーカーや本社は複数の会社と代理店契約をし、広く販路を持つケースもあります。

代理店契約はエージェント方式またはセールスレップ方式と言われますが、どちらかと言うと営業活動でメーカーと顧客とを仲介するというイメージです。

売買が成立した時にメーカーや本社から報酬を受け取るため、売上を上げるためには商品を積極的に顧客に売り込む必要があります。

販売価格はメーカーや本社が決定したものに従いますが、売り方や販促活動は独自になります。

実力至上主義と言われますが、製品に関するクレームなどは基本的に代理店ではなくメーカーが対応します。

これに対し、特約もしくは販売店契約はディストリビュータ方式と言われ、販売店はメーカーから商品を買う必要があります。

それを顧客に転売して差益を利益とする方式なので、自社の商品としてクレームにも対応する必要がありますし、在庫を持つリスクもあります。

ただし、商品の販売価格を自由に設定することも可能ですしそれを顧客に売った時点で利益を得るというメリットもあります。

つまり、特約と代理とでは、「メーカーとの間に売買契約を結ぶかどうか」という点が大きく異なります。

特約制度では売買契約が締結されるため、メーカーは売主となり、契約者は買主という立場になり、代理制度では、メーカーとの間に製品の売買契約はないため、売主買主の関係は成り立ちません。

ここが大きな違いと言えるでしょう。

新しい契約形態も続々登場している

多くの経営者が悩むのが、事業を始める際にどのような形態を選択すべきかという点です。

近年では新しい契約形態も登場していますし、特に日本はさまざまな契約形態があり、正しく理解されていない部分があるのも事実です。

また、類似するシステムもたくさんあり、レギュラーチェーンボランタリーチェーンのれん分けなどさまざまな言葉もあります。

そうした中で、近年多くの企業が提供しつつあるのが、パッケージライセンスビジネスです。

概要としてはフランチャイザーとほぼ同じとも言えるのですが、よりコンテンツ化されているのが特徴でしょう。

店舗であれば店名やロゴなどの商標やサービスマークなどを与え、店舗デザインやメニュー、厨房設備などまですべて一体化させたコンセプトを提供しています。

加えて一定の地域での独占権も付与されるため、対価を支払うことでこれらのパッケージの貸与を受けるいうシステムです。

ライセンスビジネスやコンテンツライセンスビジネスなどとも呼ばれますが、フランチャイザーがより明確に契約形態をまとめたものと言えるでしょう。

 

フランチャイズは本部に加盟し、ノウハウやブランドを享受して同一のイメージのもとで事業を行う代わりに、ロイヤリティを支払う契約で、一方の特約店はメーカーとの売買契約で、代理店は売買契約は結ばない販売の委託契約です。

開業時には違いを理解した上で選択する必要があります。

サイト内検索
記事一覧