【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの契約書の内容とは?

フランチャイズは、本部のブランド力を活かした集客力や銀行からの融資など、加入者本人に様々なメリットがある一方で、本部にもロイヤリティを得ることができます。

本部・加入者の双方にメリットがあるため、あらゆる業界でフランチャイズ化が進められているのです。

では、それに加盟するための契約の内容とはどのようなものがあるのでしょうか。

多種多様な契約のスタイルがありますが、ここでは一般的なものを紹介していきます。

 

本部から提供されるサービス等について

加盟する側としての本部から受けられるサービス等などが契約書に記載されています。

まず人材の育成で、店舗経営に必要なスキルを習得する必要が不可欠です。

例えば飲食店によっては料理の提供から接客まで様々なスキルを有してないと経営が成り立ちません。

本部はその技術を習得できる場を提供するわけです。

別店舗で経験を積むか、特別に施設を設けてそこで育成教育を受けるのが一般的です。

多くの場合は契約者自身が習得する立場となり、夫婦や家族が一緒で行うケースも少なくありません。

ただ企業によって違いますが、フランチャイズ契約が育成も含めているものもあれば、事前に育成されて店舗を任せられる人と契約するパターンがあります。

他にもノウハウや販売ルートや仕入先など企業によっては細かく契約内容でしっかりと明記されているケースも少なくありません。

フランチャイズのメリットの一つが、それらを各店舗で統一することにあります。

そうすることで、大量仕入れなどが可能となり、価格を抑えつつも利益を出やすいシステムにすることができるからです。

 

金銭に関連する内容についての契約

フランチャイズで受け入れる側にもメリットが必要なので、そこも契約書に明記されることが多いです。

一番のメリットといえばロイヤリティ、つまり加盟店舗の売り上げの一部を本部に支払うことにあります。

どのくらいのロイヤリティかはフランチャイズ企業によって、契約内容が異なります。

一店舗で一律に支払うケースもありますが、各店舗で売り上げに応じて支払うケースもあるのです。

ただ、一番多いのはこの2つのケースを合わせたもので、一律に基本料金を設定し、その上で売り上げに応じてロイヤリティを払う方法です。

加入する側としては利益が確定する部分でもあるためじっくりと見計らう必要性があります。

また契約書には予め違約金なども明記されています。

季節やブームによって経営内容も変化させていくことで利益を確保していくことになりますが、各店舗で足並みを揃えてないと他店舗に迷惑をかけてしまう可能性もあるからです。

「違約金で本部が設けている」という誤解もありますが、正確にはペナルティーを設定しておくことで各店舗のサービスを均一化させることが目的としています。

もちろん、違法行為をさせないようにする抑止効果もあります。

フランチャイズ契約は決して本部と当事者のみの関係性だけではなく、それぞれの契約店舗にも関わってくる問題なのでそこをきちんと理解しておく必要があるでしょう。

 

契約期間や解約条件などについて

仮に一度契約を結んだら一生そこで働く必要があるかといえば、そういうことはありません。

契約にも契約期間や解約条件などが記名されています。

もしも、それらがなければ企業の体質を疑うもので、契約を考え直した方が良いでしょう。

解約についてあまり気にも留めない人が多いですが、実はそれほど大きな問題なのです。

契約期間については、特定の期日が過ぎると自動的に解約するケースはほとんどありません。

多くは更新性をとっており、期日で契約を続けるか否かを判断する新たな契約が結ばれることになるわけです。

その更新に合わせて、契約の内容も変化する場合もあるのできちんとチェックする必要があります。

その契約期間が過ぎるまでは一切解約できないわけでもありません。

中途解約に必要な手続きや費用などが契約書に関われています。

そして解約すると完全に自由になると勘違いされる人がいますが、そのケースは少ないです。

というのも契約中に様々なノウハウを習得しているため、解約後に同じ業種で働いてしまうとそのノウハウが流出してしまうからです。

そのため解約後の数年間は同じ業種で働けないようフランチャイズ加盟する契約にも明記されていることが多いです。

それを競合避止義務といいます。

フランチャイズで経験を積んだ後に独立しようと考えている人は、この競合避止義務条項がどのようになっているのかチェックした方が良いでしょう。

 

フランチャイズの加盟というのは、人生を左右するほど大きな契約となります。

その契約書には基本的に、本部が提供するサービス・ロイヤリティー・解約方法や内容などが明記されていることが一般的です。

どれも本部だけでなく加入者(他者の加入者も含む)のためにも必要なものとなっています。

もしも、加入しようと考えているならば、きちんと契約書を熟読し自分や家族の将来に即したものかどうかを判断してサインをするべきでしょう。

サイト内検索
記事一覧