【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ募集後に役立つお店のコンセプト設計の知識

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/05

コンセプト設計はどのようなお店を作ったり、どんなサービスを提供するかというような基本的な方針を決めることです。いろいろなタスクがあり、業種や業態を決めたり、店舗やサービスの方向性を決めることがあげられます。開業に必要な資金を計算するなど、いくつか決めておくと良いポイントがあります。

いろいろな情報に触れてみましょう

独立を希望する人の中にはやりたいことが決まっている場合と、とにかく独立したいという思いだけが先行していることがあります。後者の場合はどのような業種や業態で独立したいのか決定しなくてはいけません。

業種や業態を決める基準はいくつかあり、会社員として働いていた業態だと経験を活かすことができたり、趣味や好きなことに関係したものを選択するのも良いです。儲けることを重視して未経験者もチャレンジしている人が多く、判断基準はそれぞれです。事前に業種や業態を分析したり、景気はどうなのか、今後の成長性などについて把握しなければいけません。

独立するには独自開業とフランチャイズ募集がありますが、どちらの方法でも業種や業態などを決めるにあたり、調査したり分析は不可欠です。フランチャイズ募集を利用する場合、インターネットに掲載されている情報をチェックしてみましょう。業種や業態を問わずいろいろな情報に触れることによって、どの業態が良いのかトレンドが分かってくるものです。

気になる企業を見つけてから、業種や業態の動向などを詳しく調べてみる方法もあります。多くの事例データを持っている企業の方が有利と言えるでしょう。近年いろいろな職種を募集していて、未経験者や異業種の人もチャレンジする人が増えています。説明会に参加すると先輩オーナーの話を聞けたり、詳しい説明を聞くことが可能です。

店舗やサービスの方向性を決める作業などは必要ありません

業種や業態を決めたら、店舗やサービスの基本方針を検討しましょう。独立開業に向けて設計図を具体化するのはコンセプト設計のポイントで、例えば飲食店を開く場合、ターゲットになる顧客層を定めることになります。ターゲットを定めずメニューはこうしようや、内外装はこうしようなどバラバラに考えると、統一感のない店舗になるかもしれません。どのような年代や性別・嗜好の人を獲得したいのか詳細に決めておくことをおすすめします。

次にメニューや内外装などの方向性を決めていくことになります。出店するエリアに関してターゲットに合う立地などを想定しながら、目星をつけておかなければいけません。

フランチャイズで独立する場合、店舗やサービスの方向性を決める作業などは必要ありません。基本的にビジネスモデルがパッケージ化されており、方針を決めるのではなく自分の考えに合致したものを選ぶという作業になります。

飲食系企業に関する情報をチェックしたり、どのような方針で運営していたりどのような層をターゲットにしているかなどを把握しましょう。興味がある企業があると資料を請求したり、定期的に募集説明会が開催されているので参加し詳細な情報を集めることが可能です。

最適な企業に出会えたとしてもいくつか他の企業と比較検討してみたり、どの企業が良いのか判断できないなら出店数の多い企業や長年にわたって存在している会社を調べてみましょう。

必要な資金を正確に見積もることができます

独立開業するには資金が必要です。例えば飲食店の開業の場合、最低1,000万円程度はかかるとされていて、具体的な開業に向けて準備する前に、どれくらい資金が必要なのか把握しなければいけません。

店舗やサービスの方向性だけ固まっている段階において見積もりすることは困難ですが、想定する出店エリアや内外装などからだいたいの予算を割り出すことができるでしょう。必要資金の概算が分かると融資なども視野に入れ、資金準備を進められます。

フランチャイズを利用する場合、加盟契約時において加盟金や保証金などが必要になります。費用は公開されているので事前に把握することができますが、物件取得費や内外装工事費などに関して独自開業と同じようにこの段階において明確な金額を見積もることは難しいでしょう。但し、独自開業と違ってフランチャイズ本部が出店事例を持っているので、そのような情報を本部に確認したり、参考にすることが可能です。

フランチャイズの場合は内外装や設備などが統一されているので、物件の状況や広さなどによって少し違いがありますが、広さに応じていくらくらいと過去の相場から金額が大きく離れる可能性は低いです。物件取得費に関して想定する出店エリアの近隣事例からも相場を確認することができ、利益を出すため適した賃料相場情報を把握することができます。出店数が多いフランチャイズの場合、ある程度必要な資金を正確に見積もることができるでしょう。

 

独自開業する場合基本的なコンセプト設計が必要になりますが、フランチャイズの場合店舗やサービスなどの方向性を決める作業はありません。必要な資金を正確に見積もることができたり、基本的なビジネスモデルがパッケージ化されているので、自分の考えに合致した企業を選ぶことになります。




サイト内検索
記事一覧