【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

コンビニのフランチャイズ店が閉店してしまう理由とは?

コンビニエンスストアのフランチャイズ経営をしているオーナーは数多くいますが、閉店を余儀なくされる例も数多くあります。

経営を始める頃にはお店を軌道に乗せる事だけを考えがちになってしまいです。

しかし、開店当初からどのような方法で閉店させないかを考える事が重要になります。

 

オーナーの体力を考えた経営を行う事が大切

コンビニエンスストアのフランチャイズ経営をしているオーナーは、初めの頃は自分一人でも頑張るつもりでいますが、実際には長く続かない例も数多くあります。

フランチャイズの場合には当初の契約で10年契約であったり15年契約であったりと、その切り替えの年度ごとに更新をしていく必要があります。

その際に契約を更新しないと言ってしまえばお店を閉める事が決まるという、ある程度見切りの付けやすい特徴もあるので、それらを考えた経営をしているオーナーもいます。

立地条件が良かったり集客率が高かったりする店舗の場合には、そのまま他のオーナーが引き継ぐなどして経営を継続していく可能性もあります。

しかし売り上げの低い店舗の場合には、そのまま放置する事になるか店舗の取り壊しを行う必要があり、場合によっては取り壊しにかかる費用の負担が発生します。

契約を行う際にお店を閉める際の店舗の扱いについても確認しておく事が大切であり、あらかじめ確認しておく事によってトラブルを回避する事ができます。

また、フランチャイズで契約している本部が他の企業に吸収されて合併した際にはどのような扱いになるのかも確認しておく事が大切です。

実際に合併によって閉店した店舗も多くあり、その多くは本部ともめてしまっていたりする実例が多く経営をやめざるを得ない状況も考えられます。

オーナー自身が合併や吸収によって他のお店になってしまう事を快諾していても、土地の持ち主が反対してしまい店を閉めざるを得ない事もあります。

契約をした本部にはチャージと呼ばれる上納金を支払っていく必要があるので、そのチャージ料が高くなってしまったりする可能性も考えられます。

従業員の指導を徹底して集客力を安定させる

コンビニエンスストアのフランチャイズ経営で重要な事の一つとして、従業員の指導をどのようにしていくかを考える事があります。

コンビニエンスストアで働く人の多くはアルバイトであり、そのアルバイトの不祥事によって店を閉める事になった例も多くあります。

ネット社会である日本では大きな不祥事から少しの失敗まで全国にSNSなどを利用して発信する事ができてしまい、一気に店の評判を下げてしまう可能性があります。

本部から契約を解除されてしまう事によってお店を閉めなければならなくなりますが、契約の解除をされなくても集客力が下がってしまう可能性もあります。

さまざまな年齢のアルバイトの人が働く環境では、アルバイト同士のトラブルなども考えられるのでシフトの組み方などにも配慮する必要があります。

お客様にとってはお店の商品を気持ちよく購入する事ができる必要があるので、過度なサービスによってお客様に不快な思いを与えない事も必用です。

売り上げをアップさせて安定した経営をする

全国には数多くのコンビニエンスストアがあり、それぞれのお店で売っている商品はどこも同じであっても売り上げに差があるのが実態です。

なぜ同じ商品を販売していても売り上げに差があるのかというと、それは集客力が安定しているかどうかによって違いが生じるからです。

ランチの時間だけお客様が増えるもののそれ以外ではあまり集客ができないお店と、万遍なくお客様が来店する店舗では売り上げに大きな差が出来ます。

安定して集客させる事によって安定した経営をする事ができますが、どのような店舗であれば安定して集客する事ができるのかを考える必要があります。

まずはお店を開業する際にどの時間帯にどれくらいの人が通る場所であるか近くに大きな企業や商業施設があるかなどリサーチしておく事が大切です。

郊外の店舗の場合には駐車場が利用しやすいかによってもお客様の量が異なるので、駐車場の場所や広さなども考えて店舗の改造を検討してみましょう。

そのほかにも店舗の清掃が行き届いていなかったりする事によってもお客様に不快な気持ちを与えてしまい、リピーターとしてのお客様を獲得できない可能性があります。

また、クリスマスやハロウィンなどさまざまなイベントの際にはポップを貼りだしたりして、入りやすい雰囲気の店舗にする事で集客力をアップさせる事ができます。

なお、万引きが多い店舗の場合には売上げが大きく下がってしまう可能性があり、それらが原因によって閉店を余儀なくされるケースもあります。

万引きされない店舗づくりをする事も重要であり、さまざまなコンビニエンスストアのオーナーなどの意見を参考にする事も大切です。

 

コンビニエンスストアを経営する際にはどのような方法であれば集客力を安定させる事ができるかを考えて経営する事が重要です。

開業した時から閉店しない方法とはどのようなものであるかを考えながら経営する事によって、安定した経営を継続させる事ができます。

サイト内検索
記事一覧