【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズのチェーン展開とは?

フランチャイズチェーン(FC)の仕組みがよくわからないという方も少なくありません。
また「直営」や「サブ」と呼ばれるお店もあり、同じブランドを掲げたお店なのに何が違うのかわからないという声も多く寄せられています。
ここでは「フランチャイズのチェーン展開」に関する仕組みを紹介するとともに、先に掲げた「直営」や「サブ」の言葉の意味も併せて解説してまいります。

FC本部のコストダウンを図った店舗展開を指します

FC本部は加盟店を多くつくることで飛躍した業績を作り出しています。
FCとは、加盟を表明した一般事業者に店の商標やブランド販売ノウハウの使用を許諾しその売り上げの何割かをロイヤリティとしてもらい受けるといったいわばビジネスパートナーのような存在を指しています。
FC加盟店はそれぞれ独立した「商店」となります。資本もFC本部とは異なるといったところが一番の特徴でしょう。
法人や個人事業主が経営するコンビニなどというのがその一例となります。

なぜ、一般事業者に店のブランドなどの使用を認め店舗展開をさせるのかといえば、FC本部がコストダウンを図ることが考えられます。
店舗経営などのノウハウを研修で学ばせたのちは、店舗経営者や店長がその責を担います。
FC加盟店は独立した商店してお店を機能させるので、FC本部としてはコストを抑えることができます。

またたくさんのお店を抱えているFC本部と指摘になるところが固定資産税などの租税公課です。
屋外広告物や固定資産税などの税金の類も一事業者であるFC加盟店がその事業所の責任のもとに行うので、こういったところでも、FC本部はFC展開を手掛けることに専念しています。
もちろん、ただ加盟店からロイヤリティをもらうだけではなく、販売技術などを定期的に更新しアップデートさせるべく、定期的に研修やセミナーを開催するなど、経営サポートなども含め加盟店の質を高める努力で還元しています。

直営店とは?どんなお店でしょうか

FC加盟店がある中で、同じブランドを掲げた「直営店」も存在しています。
これは、FC本部が同じ資本で経営しているお店で、FC本部が定めるエリアに1~2店舗存在します。
直営ですので、ロイヤリティの発生はなく、売上総利益は100%FC本部に入ります。

なぜFCチェーン展開ではなく、直営店舗が存在するのかといった理由も存在します。
これは、FCチェーンの標準であり、模範となるお店として機能し、接客などに携わる従業員はFC本部の社員である場合がほとんどです。
加盟店に販売モデルを例示することで、お店の質を落とすことなくどの店も平均的な店舗経営ができるように促すメリットがあります。
また、実店舗も兼ねているため、店長クラスや従業員の定期的な研修会場としてもつかわれることがあります。
研修会場を準備することなく、実践を兼ねながら店舗研修ができるため一石二鳥といえるのではないでしょうか。

直営店には、事務所の機能も兼ね備えており、エリア統括マネージャーが常駐していることがあります。
エリアにある加盟店を巡回し、営業データをもとにフィードバックを行うなどの業務を行います。
また、その地域でFC加盟を希望している人がいる場合、店舗の説明をすることのほか、加盟に関する説明を行うといったことも可能です。
基本的には「直営店」も「FC加盟店」も同じクオリティで運用されているので、一般消費者にとっては「直営店」と「FC加盟店」の違いはわかりません。

サブフランチャイジーという形態も存在します。

サブフランチャイズ」という形態も存在しています。
これはFC本部とは別資本の店がFC本部と同じ機能で存在するお店です。
もともとFC加盟店だった店が、地域統括を行う店として存在しているというようにとらえることもできます。
サブフランチャイジーが存在する場合、大本であるFC本部を「マスター」と言います。サブフランチャイジーは、店舗としての機能を持ちながらFC加盟店を広げる活動を行うこともあります。

またFC本部としての機能も持ち合わせるため、先の直営店と同様FCショップの「基本・標準」であるお店として機能することもありますが、場合によってはサブフランチャイジーの勢力が高まり、マスターであるFC本部よりも業績が上がることもまれにあります。
サブフランチャイジーの場合、マスターとは別資本のお店として存在しますので、屋号を変えて営業形態を変えるといった「お家騒動」が持ち上がることも懸念されます。
過去にお弁当店で同様の事案があり、社会現象ともなりました。

このようにサブ店から加盟店契約を行ったお店が順次ブランドを変えていくといったこともあり、消費者としては混乱してしまう案件とも言えます。
ただ、マスターとサブの関係は外資本のFC店と日本法人との間では数多くみられる案件で、日本国内のFC事情ではあまり見られない事案となりました。

 

同じブランドのショップといっても様々な営業形態があることがわかりました。
チェーン展開があるお店でも、店舗それぞれの性質が異なる場合もあるようですね。
FC加盟店にとっては、「直営店」が持つ意味などは覚えておくべきでしょう。

サイト内検索
記事一覧