【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズに加盟する際の注意点とは?

フランチャイズ契約は企業と、個人やほかの企業が契約を結び、加盟店を立ち上げ、経営ノウハウや店の名前を使う権利を与える代わりに、対価としてロイヤリティの支払いをさせるというシステムです。

加盟契約時には契約書をしっかり読み、契約までにわからないところが無いように、理解できないところは調べたり人に聞いたりして、理解しておくことが注意点となります。

契約内容は複雑で、わかりにくいかもしれません。契約書に書かれていないことでも、確認すべきこともあります。契約についてよくわからないままの部分を残した状態で、何となくで契約してしまうと、後々大きなトラブルを抱えることになります。

 

契約書はサインをするまでに100%理解しておく

申し込みを終えて審査に合格すると加盟契約書を渡されます。この加盟契約書にはじっくりと目を通して、内容に異論がなければサインをします。これで正式に契約が成立したことになります。契約書にサインをした時点で、すべての条件に同意をしたとみなされます。契約書に書いてあることをよく読んで、本部が加盟希望者に求める条件と、加盟希望者が希望する経営の進め方が一致するかどうかを確認します。

希望の条件が合わないと思ったらサインをせずに、契約を見合わせることにします。契約書を受け取ってからサインをするまでの間は、最終的に加盟するかどうかを決めるとても大切な時期となります。双方の間で誤解がないかどうか、契約書の内容は100%理解している状態にしなければいけません。

契約書に書かれていることで、ロイヤリティは利益の何パーセントと書かれていても、その利益の計算方法はどうなっているのかが重要になります。廃棄ロスや棚卸ロスは原価に含まれるかどうかと、人件費などの営業費用を引いた後の利益になるのかなど、利益の定義を確認します。売り上げ補填について、最低何万円の保証ありと書かれていても、実際に支払われる時には条件があるのか、もう一度確認しましょう。

契約書に書かれていないことでも確認すべきことがある

契約書に書かれていないことでは、開業する店舗の立地や人の流れを確認します。また、本部から提示された収益予測の算出方法が提示されたら、自分で収益予測を立てて、自分でも確かめてみます。同業他社の加盟契約とも比較をするため、本部担当者の説明を受けて、情報を入手します。

契約内容を十分に把握していなかったせいで起こるトラブルの一例はこちらです。契約によっては店舗が決まる前に加盟契約を締結させないといけない場合があります。契約後に加盟金の支払い義務があるのですが、店舗の物件がいつまでも決まらずに、長期間開業できないままになっていても、支払った金額が変換されない場合があるのです。

経営理念の理解が足りていなかったり、思うような経営ができなかったときに、やっぱり解約したいと申し出たとします。それでもすぐに解約できるとは限らないのです。解約が成立したとしても、解約違約金が発生してしまいます。本部にとっては契約違約金は、リスクマネジメントの観点から設定されているものですが、違約金の金額が企業によって違うので、高額の違約金を請求されてトラブルになることがあります。

フランチャイズ経験者に詳しく話を聞く

金銭以外のトラブルで、加盟店のオーナーが加盟契約を結んでいる企業の経営ノウハウを使って、他の事業を始めたいと思うことがあるかもしれません。しかしこのような行為は禁止されています。本部からすると、長年にわたって蓄積された経営ノウハウが流出することは痛手となるのです。加盟店を開業したと思ったら、近所に全く同じ企業の加盟店が開店してしまって、お客の取り合いの末、売り上げが落ちてしまうケースもあります。

一定の区間で店舗を出店しないという決まりを定めていない企業もあるのです。契約前に最も大切な事は、契約書には端から端まで目を通すことで、一度読んだだけではわからなかったところは、納得するまで本部担当者に確認を取るべきです。質問するときに聞き漏らしがないように、聞きたい所はメモにしてまとめておくなどします。

念のために、中小企業庁や公正取引委員会、日本フランチャイズチェーン協会など、本部以外の信用できる期間が発信している情報を読んでおきます。それでもわからないところがあるなら、本部の担当者やフランチャイズ経験者に詳しく話を聞いて不安感がなくなるまで確認します。特に同じ企業と加盟契約を結んでいる先輩加盟者からの話は、ロイヤリティを支払う側の立場で、経験談を話してくれるので、貴重な意見です。

 

法律関係で分からないところを、もっと詳しく教えてほしいと思ったら、弁護士、税理士、もしくは商工会議所などで相談するのがいいでしょう。法律用語や制度など専門家でないとわからないことは、専門家に聞きに行くのが一番です。契約が締結した後に、しまったと思ってももう遅いのです。契約書にサインをするまでの期間が、その後の店舗経営でトラブルに巻き込まれないかどうかを左右する、とても大切な時期です。

サイト内検索
記事一覧