【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

喫茶店のフランチャイズを成功させるコツ

喫茶店のフランチャイズを成功させるには3つのポイントがあります。

1つ目のポイントは適切なブランドを選ぶこと、2つ目は自分の店舗にふさわしい人材を集めることです。

3つ目のポイントは本部との関係を良好に保つ続けることになります。

この3つの柱の一つでも欠けたら、経営は行き詰まりを迎えることが多くなるでしょう。

 

ブランドは慎重に選ばなければならない

フランチャイズの喫茶店を選ぶときは、ブランド選びに慎重になりましょう。

無難な選び方は、収益を上げやすく有名なところを選ぶことです。

堅実な経営をしたい場合はこれが一番の方法のこともあるでしょう。

ただし有名なところが、店舗を始めるところに合わないこともあります。

例えば都会的なイメージのあるブランドを地方で展開しようとしても、うまくいかないことが多いです。

その地方の人に敷居が高すぎて、お客様が集まりにくくなります。

ブランド選びには店舗を開く地域のことも考慮に入れましょう。

また、店舗はあなた一人の力で運営するのではありません。

良いスタッフを集めなければ、運営は失敗してしまいます。

そこで働く人の待遇が良いブランドを選ぶことも必要です。

スタッフがしり込みするようなところは避けるようにしましょう。

この点はネットを使えば、ある程度分かるようになります。

匿名で書きこめる掲示板やSNSに職場の不満のことを書く人もいるからです。

本部の協力体制も調べなければなりません。

初めてこの種の経営をする時は、分からないことが出てきたり、壁に直面することもあるでしょう。

できるだけ自力で乗り越えなければなりませんが、それが難しいこともあります。

そんな時に本部がサポートしてくれたら、店の経営はスムーズになります。

具体的には本部から定期的に社員を派遣してくれるところが好ましいです。

実際に会って具体的なアドバイスを聞くことができたら、自分の店の状態が苦しい時もそれを乗り越える方法が見つかりやすくなるからです。

 

良いスタッフが集まらなければ、店は繁盛しない

喫茶店を成功させるためには、良いスタッフを集めることが必須の条件になります。

接客にはきめ細かな心遣いが必要になるので、これは容易なことではありません。

自分が先頭になってスタッフ集めに力を尽くしましょう。

自分との相性を重視するのは重要なポイントになります。

人間同士なのでどうしても相性の良し悪しはでてきます。

相性の悪い人だったら、その人のために一生懸命に働こうとする意欲は小さくなってしまいます。

面接をする時に、質問にはきはきと答えて、聞きたいことがあったらためらわずにそれを口にする人が適しています。

この仕事の経験者も応募してくるかもしれません。

その場合は面接の時に慎重になりましょう。

経験者は有利になることが多いのですが、こちらの意向を受けて入れてくれないこともあります。

自分のやり方の方が正しいと思う人いるからです。

もし経験者で良い人が見つかったら、オープンする前の研修時にサポートしてくれるように頼むのは、良い方法です。

店が営業を始めたらスタッフがやめないようにする工夫も必要です。

同じような職場は多いので、働きやすかったり条件が良かったら、あなたの店をやめてそちらに移ってしまうことがあります。

これを防ぐには働きやすい環境を整えることが必要になります。

具体的には休みの数を減らさない、残業はできるだけ少なくする、給料は十分に支払うことなどがポイントになります。

同時に風通しの良い職場作りを心掛けなければなりません。

店長に店舗の運営を任せきりではいけません。

積極的に現場に足を運んで、そこで働いているスタッフの声に耳を傾けるようにしてください。

 

本部との信頼関係をくずさないように気を付ける

フランチャイズを続ける上で大切なことは、本部との信頼関係を重視することです。

本部が存続することによって、あなたも自分の店舗を続けられます。

ロイヤルティーの支払いが遅れるようなことがあってはいけません。

本部に対する支払いを怠れば、自分の店舗の根本のところが揺らぐことになってしまいます。

もし何らかの理由によって支払いが遅れる時は、早めに連絡を入れるようにしましょう。

金銭的な面を一番重視しなければなりませんが、それだけでは十分とは言えません。

本部のスタッフとの人間関係も大切にする必要があります。

具体的には本部のスタッフの助言や提言は素直に受け入れなければなりません。

自分では受け入れにくいことであっても、素直に耳を傾ける必要があります。

本人が正しいと思ってやっている事でも、第三者が見たらどこかに欠点があるかもしれません。

それを受け入れて、改善に勤めれば最終的には自分の店舗の業績にプラスになります。

ただし、こちらから提言することも大切です。

業績が伸びている本部だったら、末端で働く人の意見も大切にします。

現場で改善した方が良い事柄に気付いて、それを他の店舗で生かすことができたらその会社全体の利益につながるからです。

自分の提言を本部が受け入れようとしない時は、他の経営者に相談してみるのも一つの方法です。

経営者は従業員と本部の板挟みになることもあります。

その場合はどちらの意見にもよく耳を傾けて、公平な態度を取るようにしなければなりません。

 

喫茶店のフランチャイズを成功させるには、まずブランドを慎重に選ぶことが大切です。

その上でそこで働く質の良いスタッフを集めます。

一度集めたスタッフがやめないようにする工夫も必要です。

本部との信頼関係を大切にして、各種の支払いは遅れないようにします。

サイト内検索
記事一覧