【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ加盟に必要な予算は?初期投資が少ない募集案件のメリット・デメリット

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/09

独立して起業したい場合や、より強い収益性を確保するといった場合にフランチャイズを利用するという事業主は少なくありません。

フランチャイズ募集に応募して加盟することでノウハウやブランド力を手に入れられるほか、個人では解決することが難しい問題を解決できるようにサポートを受けられるといったメリットがあります。

フランチャイズ募集で見られる初期投資費用の相場は?

フランチャイズといってもさまざまな種類があるもので、その事業内容によって費用も変わってくるものです。例えばコンビニエンスストアなどの場合には、本部に支払うものだけでも100万円から200万円程度は必要です。

それにロイヤリティは売上に応じて割合で差し引かれていくもので、利益が高くなるほどオーナーの取り分は少なくなる仕組みとなっています。これら店舗を必要とするタイプのものでは、店舗を用意する費用がオーナーの費用負担となる場合もあり、それらを考慮しなければなりません。

一方で、少ない初期投資で行えるものもあります。例えばハウスクリーニングなどの場合には店舗は不要で、利用者の求めに応じて出向いて作業を行うことになります。

また運送業も自動車があれば行うことができるものですから比較的、初期投資にかかる費用は少なめです。このため100万円以下でも加盟できるようなものもあります。

それと受けるサービスによっても異なってくるもので、コンビニエンスストアのように薄利多売をしなければならない場合には、それだけ仕入れコストも考慮しなければなりません。

しかしメニューを絞った飲食店の場合には、仕入れコストを抑えることができますし、ハウスクリーニングの場合には、仕入れコストはほとんど掛からないものです。

いずれにしてもフランチャイズ募集では50万円以上は必要としており、相場としては200万円から300万円前後の初期投資費用が必要になります。

初期投資の費用よりも中身を見ることが大事

フランチャイズ募集で、よく見られる宣伝文句には少ない資金で開業することができ、収益が安定するというものです。しかし、少ない資金で開業できたとしても、その後が上手く行くとは限りませんし収益が安定するかどうかも、その後の状況によって変わってきます。

状況の変化に対応できるかどうかも、フランチャイズを選ぶポイントになります。このような事から募集に応募する前には、サービスの中身を知ることが大事です。フランチャイズ募集に応募して加盟する理由の多くは、その収益性とブランドやノウハウですが、これらは起業する人が対象となります。

すでに起業していて加盟する場合には、加盟することによって得られるメリットを確認しなければなりません。返って悪影響を受けるといった事も少なからずあるものです。

また起業する人についても、起業後に本部から受けられるサポートの内容も把握しておくことが大事です。基本的にほとんどのフランチャイズでは、加盟店の事業が上手く行くように積極的なサポートを行っていますが、そのサポートについても限界があります。

特に店舗型の場合には開業するとその場所にお客さんが来てくれなければなりません。いくらブランド力や集客ノウハウがあるといっても、限度があるものですから、事前に調査をして事業として成り立つのか調査してくれる業者を選ぶことも大事です。

予算の範囲内で出来ることを考える

フランチャイズを利用するにしても起業する場合には事業計画を立てて、それに予算を手当して実行していくものですし、すでに事業を起こしている場合にも加盟するにあたっては現在の収益から予算を立てて、事業を行っていく必要があります。

特に前者の場合には事業を成功させるというのが目的であるのに対して、後者の場合には事業を維持していくというのが目的になるものです。このような違いからもお金の扱い方も変わってきます。

また基本的にフランチャイズでは、ノウハウとブランドを提供する対価としてロイヤリティを得るというものですから、求める内容についてもその費用に見合うだけのものか見極める必要があるものです。

特に物品の販売ではなくサービスを提供するような接骨院などの場合には、ブランドよりも本人や従業員のスキルが影響を及ぼすものですから、このあたりの手当の仕方も選ぶ基準になっていきます。

例えば、接骨院でも医療機関として行っていく場合には健康保険請求などのノウハウが必要になりますし、利用者に満足してくれるものもリラクゼーションを目的としたサロンとは若干異なってくるものです。

またフィットネスクラブの場合には、器具の更新費用なども考えなければならず、ひとつにフランチャイズといっても、その後の予算の立て方などはまったく異なり、それらを理解した上で選ぶ必要があります。

 

フランチャイズにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があり初期投資の費用が少ないものでも上手く使えば十分に経営に役立てることができます。また費用が多くても思ったほどのサービスを受けられないこともあり、その中身を見ることが大切です。

サイト内検索
記事一覧