【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズでやってはいけないこととは?

フランチャイズの経営でやってはいけないことは主に3つあります。

①本部の指示に必ず従わなければなりません。これをしなかったら、店舗を運営する権利をはずされることがあります。

②従業員を不当に働かせるのもやめましょう。

③お客様とトラブルを起こすと客足が途絶える原因になるので避けるようにしましょう。

 

本部の指示からはずれないように気を配る

自分でお店を経営するよりも、フランチャイズに入った方が有利になることが多いです。

個人経営の店は知名度の低さからお客様が集まりにくいことが多いですが、ブランド力のある会社の傘下に入るだけで集客がスムーズになります。

お店を開いてお客様の数が増えてくると自分の力で成功したと思いがちになりますが、これは甘い考えです。

本部のブランドの力がなかったらあなたのお店のことは知られなかったかもしれません。

成功したと思って自分の考えで新しいサービスを展開しようとしたり、商品を売り出そうとしたりしてもうまくいきません。

本部にはこれまでのビジネスのノウハウが蓄積されており、それに基づいてサービスの展開を行っていくのであなたの思い付きよりも確実に利益に結び付きます。

よって、自分の店の経営状況が良いからといって勝手なことをしてはいけません

本部にそれが知られたら契約を打ち切られることもあるので、フランチャイズを行う際には本部の意向を最大限に尊重する必要があります。

もし何か新しいことを始めたかったらまずは本部に相談するようにしましょう。

もしも提案を却下されたらその場合はそれを受け入れることが大切ですが、順調に業績を伸ばしているところだったら、経営の仕方は柔軟でいろいろな提案を受け入れてくれます。

このような場合のみ自分の店舗で新しいことを始められるので、できるけ自分の店舗の業績を伸ばすように努力するようにしましょう。

従業員を不当に働かせるのは避ける

フランチャイズを続けていく上で大切なことはそこで働くスタッフとの良好な関係であり、これが崩れてしまえば店の運営は難しくなります。

現代はネットの時代なので悪い評判はすぐに広まってしまいます。残業が多すぎたり、給料が安すぎたりすると働きにくい店として知られてしまうかもしれませんのでこのような事態は避けるようにしましょう。

店長に店を任せて自分は店舗のことにタッチしないという態度は絶対にとらないようにして、積極的に店舗に足を運んでそこで働いているスタッフに声をかけましょう

オーナーに声を掛けやすいところだったら、スタッフが自分の感じていることをいろいろ話してくれます。その中で正当な意見だったら改善できるところは改めるようにしなければなりません。

どんな人でも自分の仕事が認められて、ほめられると意欲が出てくるので、現場ではスタッフの良いところをほめるようにしましょう。

店の形態によって変わりますが、夜間に働くのは体力を使います。もし夜の間も営業している店舗だったら、夜間のスタッフには十分な給料を払うことが大切です。

仕事をやめる人が多ければ、その店の評価は低下してしまいます。やめる人が出てきたら、できるだけ早く原因を突き止め、その状態をすぐに改善するようにしましょう。

また、職場の人間関係にも気を配る必要があります。

ほとんどの人が人間関係を苦にして転職します。スタッフ間でミーティングを開く回数を多くすることが良い人間関係の確立につながります。なお、ミーティングではどんなスタッフであっても自分の意見を自由に言えるようにしましょう

お客様とのトラブルは避けなければならない

フランチャイズはお客様相手の仕事なのでお客様との間に何らかのトラブルが起きることがありますが、これは可能な限り避ける必要があります。

人間なので衝突が起きるのを100%防ぐことはできません。それでも、日々の業務に注意を払うことでほとんどのトラブルは避けられます。

特に起こりやすいのはスタッフの不手際が原因になるものです。研修と教育を徹底して、接客で失敗が起こらないようします。

もし起こってしまったら、丁寧に謝罪してお客様の気持ちをなだめなければなりません。謝罪する時の言葉遣いなどをスタッフにしっかりと教育しておきましょう。

トラブルがもし行ったら、それが外部に広まってしまいお客様の足が遠のいてしまいます。このようなことが起きないようにするには、素早く適切な行動を取ることです。

もしネットを通して悪い口コミ広がってしまったらそれを消す方策を取りましょう。ネットのネガティブな書き込みを削除してくれる業者がいるので、早めに連絡してください。

お客様とのトラブルが起こった場合、それが本部に伝わってしまうことがあります。

これは仕方のないことですが、なるべく早く対応策を考えなければなりません。すぐに本部に謝罪の連絡を入れて、トラブルが起きないようにする改善策を報告します。

なるべく具体的で実行しやすい方法が好ましいです。

必要があれば、本部に依頼して人を派遣してもらいましょう。本部には何らかのトラブルを処理するスタッフがいるので、その人の援助を受けます。この時も本部のアドバイスは素直に受け入れなければなりません。

 

 

サイト内検索
記事一覧