【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズを安定させるにはエリアをしっかり選ぼう

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/03/19

フランチャイズは集客がなかったり、入店率が低いと経営は成り立たないのが実状です。

ではどこに焦点を合わせるべきなのでしょうか。

ブランド力だけではなく、安定させるには場所・立地選びが重要になります。

特性をしっかりリサーチする

フランチャイズビジネスとは、その本部が提供するブランド力によって利益を出すことです。

フランチャイズを安定させるために重要となるのはブランド力だけでなくエリアをしっかり選ぶということです。

しっかりと立地を検討することが課題となり、お店の売り上げ自体を大きく左右します。

例えばコンビニエンスストア各社、それぞれメインターゲットは異なります。

スイーツを推す某コンビニエンスストアは女性層を狙い20代~40代の女性が多く活躍するビジネス街に展開していますし、弁当に定評がある某コンビニエンスストアは男性層を狙い、工業エリアに進出しています。

 

ちなみに加盟店側が店舗用地となる土地を提供する場合もありますが、これは自宅兼店舗として経営したい、こうしたニーズに当てはまります。

自己所有の土地の提供ならば、初期投資費用も抑えられるメリットを最大限活かすやり方です。

安定は誰もが望むことでしょうから徹底したリサーチは必要です。

次に集客に繋げるには、何よりも入店してもらうことが必要です。

十分な駐車台数が確保できる駐車場が用意できることなどの、アクセスのしやすさもポイントの1つなのです。

地方では、移動は自家用車というケースが圧倒的に多いために駐車場が用意できない、あるいはメイン通りから1歩も2歩も奥まった場所に展開するのなら、利用を躊躇してしまうでしょう。

本部と十分に打ち合わせを行いながら、土地から検討していきましょう。

ブランド力による敷居の高さからも検討する

詳しい情報を本部担当者との面談から収集することも大切です。

面談から不安を解消することもできます。

例えば商品ニーズを知ることができるだけでなく、現状での契約をするメリットを知ることができるのなら、フランチャイズを必ずや安定させることができるでしょう。

担当者が契約を迫る、あるいは好感触ではなかった場合には1度自宅に話を持ち帰りましょう。

安易に契約をしない、これは負債を抱えないために重要なことです。

各エリアに在籍する社員が担当者ですから、前向きな検討に繋げたいものです。

 

面談や打ち合わせを経て、もしも検討エリアに良い物件があった場合、本部との入念なリサーチを行います。

例えば、都会的なイメージのあるブランドを地方で展開しようとしてはいないでしょうか。

その地方の人にとって、敷居が高すぎることはないでしょうか。

フランチャイズ加盟店の最大の悩みは集客なので、お店のネームバリューに依存してしまい、肝心要となるお客さん目線ではありません。

ブランド力によって展開するなら、エリアのことも考慮しましょう。

例えば、ファミリーレストランならば、地方でも万人受けされますが、和食キッチンは高齢化が進む地方向き、アジアンやイタリアンキッチンは都会向きです。

周りはどんな所なのかをしっかりリサーチする

フランチャイズを安定させるためには、競合物件のリサーチも必要ですが、コチラは本部も本腰を入れる部分です。

経営者としては立地特性と集客の特定がポイントです。

周りはどんな所でしょうか。

例えば学校の通学路や駅への通り道など、人通りが望めるエリアを選びましょう。

先に述べたように、車通りもポイントで、出入りはスムーズなのかという細かい部分もチェックする必要があります。

本部も独自リサーチによって入店率が高くなる条件を把握していますから、意向を取り入れて進めることが成果に繋がります。

もちろん現状の条件だけで決めるのはリスクを負い兼ねません。

長期間に及ぶ道路工事などが入るなら、売り上げを左右しますし、将来的にバイパスができるエリアであれば入店率が0に近くなる可能性も否定できないでしょう。

工事によって車の流れが変わってしまうことや、商業施設が閉店したため、お客さんの流れが変わってしまうなど、経営戦略ではあらがうことができない事案もあるようですが、まずは自治体の都市計画課などで道路工事などの計画が進行していないかもチェックしましょう。

また、昨今の自然災害の問題もあり、津波や地震、土砂崩れなどから身を守ることができるエリアか、災害時に安全にお店に足を運べる条件が整っているか、あらかじめ配慮しておくことが有効かもしれません。

 

フランチャイズを安定させるためには、その周りがどんな所なのかをリサーチしなければなりません。

選び方のポイントになります。展開する立地まで知りもしないで、集客は望めません。

市街地であってもアクセスしやすいのか、お客さんの移動手段は徒歩なのか自家用車なのか、こうした点から道路情報も合わせて収集しなければ安定は望めないようです。

しっかり本部の担当者と打ち合わせを行い、実際に足を運ぶことも大切でしょう。

サイト内検索
記事一覧