【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

アパレル業界にもフランチャイズはある?

アパレル業界を踏まえての独立開業に関して、フランチャイズへと加盟することで経験がない状態でも相対的に手間なく開業することが可能といえます。

この業界のこうした新しい形は、多くの人に注目されており、参入する企業も増々増加傾向にあるといわれています。

 

 

 

システムを導入しているケースが増えています

この業界にもフランチャイズのシステムがあり、実際に増加傾向にあります。

しかし、一般的にそれほど聞き慣れないのも無理もありません。

その理由は業界で率先して展開している会社組織は少ないためです。

しかしながら、他方で最近システムを活かした店舗展開を利用することによって頭角を表す会社組織がいるのも否定できない事実といえます。

スピーディーに店舗展開を進められれば、仕入、あるいは流通の能率化、ブランディングのパワーアップなど多種多様なメリットを得ることが可能となります。

 

業界においてのれん分けの組み込みが本格化しています

フランチャイズは外食業、或いはサービス業においては当然のことですが、アパレル業界には依然としてなじみの薄い店舗展開の制度といえます。

しかしながら、今後はその一連の流れが変わり、組み込みを考える製造メーカーが増加してきそうです。

21世紀になって以来、アパレル業界は、自社で開発した商品の製造や小売りを徹底して行なうSPA型ブランドが増え直営店メインでした。

しかしながら、ここにきて、製造メーカーに関しては、直営店を踏まえての販売数が伸び悩み、地方都市では売上不振の状態で退場する店も出てくるなど、苦戦が継続しています。

販売数が頭打ちになっている地方都市の店では、販売社員の労働力不足やデパートサイドからの優良館の出店と抱き合わせの販売不振の地方館に対してのバーター出店などを通して、積もった店舗投資自体が響いて、キャッシュフローそのものの悪化傾向が見られます。

現在において、製造メーカーは総合的に、直営店の出店に対し以前にも増して気を付けており、開店しても店舗利益が取得できないケースがかなり増えるなど、直営店メインの出店スキームの見直し、そのことに代わる運営管理戦略の策定が緊急課題の状況となっています。

新聞、あるいはWEBニュースによって公開されている大手の地方店舗においてののれん分け制度の組み入れは実施されています。

ですからアパレル業界においてもこうしたトレンドの機運が盛り上がるタイミングが接近してきているといえるでしょう。

のれん分け制度の組み入れは、加盟金、あるいはのれん代といった初期収入によって会社組織のキャッシュフローが正常化することや、確かな腕を持つ店長の外部への流出を防止し、加えて自分の会社の独立システムを会社内の人事システムとして打ち出すことを通じて新たな形で良い人材が集まってくることから、外食業、あるいはサービス業においては中心的な制度です。

この業界の新たな打ち手として、のれん分け制度の組み込みがメインになるのも、そう先のことでもないと考えられています。

 

アパレルフランチャイズのメカニズムと出店の傾向

加盟するために、まず第一に開業資金が求められます。

開業資金の内訳につきましては、加盟金、あるいは店のデザイン費それから、研修に対する費用や仕入代金などが含まれています。

業者によって非常に大きく異なることになりますが、最低限でも開業資金に関しては、1千万円近く支払うことになるでしょう。

それに加えて、仕入れにいてもフランチャイズへと加盟することによってとても大きな有益性があります。

仕入れに関しては店舗及び直営店を踏まえた全店一括で敢行することが多く、ボリュームディスカウントが作用するため、安い値段で良質な商品を買い付けすることが可能だと言えます。

それに対して、一個人で開業するケースでは、ゼロから仕入れルートを拡大しなければならず、加えて小ロット高単価を踏まえての仕入れとなるケースが少なくありません。

この部分において加盟する利点は大きいといえるでしょう。

この他にも、本部によりましては、社員研修、あるいは在庫を管理するシステムなどを供してくれるケースもあります。

面倒な業務を代行してくれるバックアップがあれば、運営者は会社の経営に専念することが可能です。

それから、近頃の出店傾向は、地方でエリアに定着しているスーパーマーケットやショッピングモールが非常に多く見られます。

加盟店に関してはそうした商業施設の既存の客のデータベースを使用することで、たくさんの販売品の中からその店で人気の見込みがある最良なアイテムを販売することができます。

既存のクライアントの満足することが可能なラインナップを確保し、リピート率を上向かせることでバランスの良い収益を狙うことができます。

 

フランチャイズといいますと飲食店の印象が強いですが、最近ではアパレルブランドの店舗展開は増えてきています。

販売品の消費が増す中で、ブランドも参入し、販売の店舗を拡大する動きがあります。

そして、今後も拡大すると考えられています。

サイト内検索
記事一覧