【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの広告費の仕組みについて理解しよう

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/16

フランチャイズビジネスにはいろいろなメリットがあり、一店舗だけでは難しい広告などを本部が行ってくれます。

本部は全体の利益のため全国規模にて広告を実施しており、それぞれの店舗の知名度や露出度をアップすることが可能です。

 

宣伝広告費として店舗が支払っています

フランチャイズに加入すると本部がいろいろな業務を行ってくれます。

テレビCMや雑誌などの広告を行ってくれますが、実はチェーンに加盟している店舗が費用を負担するシステムになっています。

宣伝分担金と呼んでおり、各店舗から集められたた宣伝広告費を本部が使っている仕組みです。

分担金は業界によって異なりますが、だいたい毎月2万円ぐらいだったり、毎月の売上に対して1~5%ぐらいを収めることになります。

広告分担金の仕組みとして全店舗定額制やエリア毎の定額制・売上高に対する定率制などがあげられます。

広告費に負担を感じるかもしれませんが、知名度がないよりもある程度の費用で全国的な知名度を得られるなら不利益ではないという意見もあります。

宣伝広告費には主に雑誌広告やホームページなどがありますが、例えばコンビニエンスチェーンの場合いろいろな宣伝費以外に販促費も含まれます。

販促費は100円セールや全品70円などの販売を促進する値引きやおまけ的な費用のことです。

これらの費用は本部が負担することになっており、店舗側は持ち出し分なしでいろいろな企画に参加できます。

さまざまなイベントやセールによって来店客数が増えるので店舗の売上が増加する仕組みです。

 

広告分担金は本部と店舗にとって利益を生みます

コンビニエンスストアの場合売上高に本部チャージ料がかかる仕組みになっています。

売上高が増加すると本部のチャージ料も増加します。

このチャージ料は広告分担金なども含まれており、販促費も増えるのでいろいろなセールを企画することが可能です。

また店舗の売上が増えチャージ料が増えるという良いサイクルが起こります。

コンビニエンスストアの中にはこのサイクルを利用してビジネスが成功している企業もあります。

ある店舗では宣伝広告費が300万円を超えることもありますが、それ分宣伝広告が積極的に行われているので各店舗においていろいろなセール企画をたくさん実施されています。

本部のチャージ料が高ければ高いほど、一店舗の売上高は高いと言えるでしょう。

毎月支払わなければいけない広告分担金は新しくチェーン店に加盟する店舖にとっては負担になるものですが、全国的な広告効果から店舗はもちろん本部にも良いサイクルをもたらすことが可能です。

大規模な広告戦略をとることによって本部と店舗にお互い利益が生まれる仕組みになっています。

 

本部が儲からないと加盟店も儲かりません

フランチャイズの仕組みとして、本部は加盟店からいろいろな方法によって利益を得ることになります。

例えば加盟金研修費で利益を得ることが可能です。

一般的に本部は加盟金や研修費などの費用を設定しており、加盟金はフランチャイズに関するノウハウについて買い取ることになります。

その企業の商標使用やノウハウなどを購入するコストとして本部に加盟する前に支払う仕組みです。

研修費は加盟者がさまざまなノウハウを身につけるための費用で、本部は最初に加盟金や研修費などを徴収することから収益を得ることができます。

次に手数料やロイヤリティなどで利益を得ます。

月毎のノウハウ提供や商標マークなどの継続的使用費としてロイヤリティを得ることが可能です。

このタイミングにおいて売上分配や粗利分配、固定制度などがあります。

売上や粗利分配の場合、売上や粗利などが増加することから本部の収益も増える仕組みです。

固定の場合は売上や粗利などが増えても同じになっています。

手数料は事務作業を本部が代行する名目で徴収します。

他にはシステム使用料金や広告分担金などもあるでしょう。

本部はロイヤリティなどを徴収することから収益を上げることが可能です。

加盟店は本部から原材料なども購入するので、その分収益としてアップします。

また、加盟者にいろいろな業者を紹介することから紹介料を徴収することも可能です。

本部ばかりが儲かっているのではと考えてしまいますが、本部が儲からない加盟店も利益を得られないのです。

それは、本部が潤っていなければ加盟店の売上をアップするため最適なバックアップを行うことができなくなるからです。

ロイヤリティをきちんと徴収しないと加盟店の運営に関れないので、結果的に加盟店の利益改善に繋がりません。

加盟店が利益を生むために本部もきちんと利益を得る必要があるのです。

 

フランチャイズに新しく加入すると本部がさまざまな業務を行います。

全国的な広告展開が行われていますが、加盟している店舗も費用を負担しています。

宣伝分担金は各店舗から収集された広告費を本部が利用する仕組みです。

各店舗の売上には本部チャージ料がかかることになっており、売上が増加するとチャージ料も増えます。

チャージ料にはいろいろな費用が含まれていて、販促費も含まれています。

この販促費を利用することによってさまざまなセールを行うことが可能です。

店舗の売上が増えるとチャージ料が増える好循環が起こります。

本部が儲かっていると加盟店の売上を向上するためいろいろなバックアップを行うことができ、ロイヤリティを徴収することによって最終的に加盟店の利益を改善することになります。

サイト内検索
記事一覧