【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの会計処理を知っておこう

フランチャイズを利用することによって、独り立ちしようと想定している場合、キーポイントとなってくるのが会計処理といえます。

立ち上げスタートのタイミングでの会計処理はオーナー自身が実行しなければいけません。

 

 

 

独自の処理知識が必要になってきます

オーナーという立場で運営管理を行うケースでは、利益を手にするために欠かすことが出来ないのが利益管理になります。

オーナーとして店を繰り広げる以上、高い額のロイヤリティもしくは準備金それから、税務関係についても認識しておかなければいけません。

本部での処理も当然あるでしょうが、独自の処理も要求されます。

加盟時に払う額につきましては、一切合切全て費用として計上できるケースとすることができないケースがあります。

費用にできるのは広告費それから、研修費や加盟金など、非常に細かく分類していくことが不可欠です。

処理は複雑で、特徴としまして本部サイドから送られて来る資料に、経営者単体の損益を合成させ、決算書を作り上げていく必要があります。

複数種のビジネスを展開しているケースになると、消費税の扱い方が変わっていることもあるので処理は非常に細かくなっていきます。

 

加盟金の処理にあたってのポイント

加盟するというようなケースで、テクニックの提供料、あるいは経営指導料そして、管理費など色々な名目で一時金を払うケースがあります。

こうした一時金につきましては、将来返還されないことが決まっています。

加盟金についてもこれと同様です。

以上のような一時金に関しては繰延資産という名目で資産へと組み入れることとなります。

計上されている繰延資産に関しては、決算の際に償却計算を実行します。

そのようなとき、決算整理項目で費用という形で処理していきます。

このタイミングで、償却計算を実行するために、加盟金の償却期間を何年にするかが重要事項となります。

税務的には、以上のような加盟の一時金につきましては、ノウハウ提供の頭金等になります。

原則として5年で償却計算をしていくこととなっています。

かりに、契約の満了期間が5年内のケースで、契約更新にあたって、再び一時金もしくは頭金を払うことが分かっているケースだと、その契約の有効期間の年数そのものが償却期間となりますので、頭に置いておくようにしましょう。

加盟一時金に関しては契約期間中に、経営指導、あるいは商品一括仕入れ、さらに広告宣伝等の提供を受ける為に支出するものと会計で定義されています。

普通なら契約期間は1年以上に達するものです。

繰延資産に当たりますが、繰延資産の部に計上することがないように気を付けましょう。

 

ロイヤリティの処理に関してのポイント

ロイヤリティの処理に関しては、通常であれば本部自体が月次で割り出します。

加盟者に対しての報告と確認の取り付けを行うことで、金額確定が施されていくこととなります。

そして、経営者が一定サイクルで払うロイヤリティの算定方法が主として三つあります。

粗利益分配方式それから、売上分配方式並びに、一定金額方式になります。

粗利益分配方式に関しては、加盟店の粗利を本部及び加盟店によって分け合う方式になります。

加盟店の粗利に対して、規則通りの料率を乗じはじき出したロイヤリティを、加盟店自体が本部へと支払うことになります。

これに関してはチェーンに多い方式といえます。

売上分配方式に関しては、加盟店の売上高を会社の本部及び加盟店でシェアする方式になります。

加盟店の売上高に対して、契約の取り交わしで決められた規則通りの料率を乗じ、はじき出したロイヤリティを加盟店自体が本部へと払うことになります。

一定金額方式に関しては、加盟店の売上高、あるいは粗利に捉われず、スタート時の契約の取り交わしで決められた所定の固定金額のロイヤリティを周期的に加盟店が本部へ払う方式です。

独立している小売店が主となり、会社の組織を結成し、商品仕入であるとか設備投資などを協同して行うような、ボランタリーチェーンに多いと言えます。

そうした算定方法に関しては、契約した時に明示されているので、あらかじめチェックしておきましょう。

本部に関しては、ロイヤリティ収入を、加盟店サイドからの収入という形で営業収入の区分へと計上します。

ロイヤリティに関してはオープンアカウントを通じて、本部及び加盟店間に生じる他の債権債務と相殺して、決済が施されます。

 

フランチャイズにおいての、会計に関しての処理内容は独自のものが多くしっかりと理解しておくことが重要になります。

こうした決算、あるいは税金といった処理関係のバックアップについては、本部の指導では充足していないケースも多くあります。

そして、研修を活用することによってトレーニングしていても、現実の上で事業を実施していくとなると毎日が過密スケジュールで、考察するゆとりもなくなります。

コンビニエンスストアやホテルそれから、学習塾の運営管理でも処理が追いつかなくなってしまったとなったら大変なことになります。

ですから、基本的な処理をしっかりと把握することが大切になります。

サイト内検索
記事一覧